IgG(Immunoglobulin G)

抗体免疫グロブリン)のクラスのひとつ。リンパ節脾臓骨髄などで産生され病原体の侵入部位に集まってそれを防御する働きをする。

γ-グロブリンの80%がIgGと血液中に最も多く存在しており、二次応答の主要な抗体血液中の半減期も長い。

IgGはIgMが出現してから2~3日遅れて出現する。*1

鳥類のIgGは、他の哺乳類のものと異なる性質を持つことからIgYと呼ばれる。卵黄に多く含まれる。*2

母体から胎児に移動するのは免疫グロブリンの中ではIgGクラスのみで、胎児新生児?感染から守る。

IgGの構造*3

H鎖L鎖と呼ばれるポリペプチド鎖が2本ずつ、合計4本を持つ。

それぞれのポリペプチド鎖は折りたたまれて繋がった状態で存在する。

IgGのサブクラス

同じIgG1などでも個体によって異なる場合がある。これをアロタイプ?と呼ぶ

文献一覧
*1 技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25
*2 ニワトリを用いた抗体の作製法: http://www.med.kyushu-u.ac.jp/pathol1/pathol1/protocol/IgY.pdf
*3 オーム社 絵とき 免疫学の知識 垣内史堂


IgGに関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2017-09-12 (火) 10:30:11