骨格筋(skeletal muscle)

骨格筋は横紋筋に分類される、筋線維が平行に配列・集合した人体最大の筋肉組織。意志で動かすことができる。

骨格筋は人体で最大の組織であり,エネルギー代謝取り込み,運動において重要な役割を果たす.適度な運動により,エネルギー消費が増加し肥満が解消され,また糖代謝が活発になり糖尿病が予防・改善されることはよく知られている.*1

骨格筋は縮む働きはあるが、自力で伸びる働きを持たないため、反対方向に引っ張る筋肉が対になっている場合が多い。例えば、上腕二頭筋上腕三頭筋?など。*2

その筋線維白筋赤筋に分けられる。筋肉の色は筋肉酸素を蓄える働きをするミオグロビンの量によるもの。*3*4

ヒトの場合、赤筋白筋は明確に分かれていない。また身体を動かさないと白筋でも赤筋でもない中間型となる。*5

厳密な筋線維の分類は以下のようになる。

骨格筋は収縮速度の遅いⅠ型線維と,収縮速度が速く収縮力の強いⅡ型線維?に大別できる.Ⅱ型はさらに,有酸素的解糖能が高いⅡA型線維?と低いⅡB型線維?に分けられる.有酸素的解糖能が高いⅠ型線維ⅡA型線維?ではミトコンドリア密度と活性が高く,積極的に脂質代謝が行われ,持久的な運動でも疲労しにくい.一方,ⅡB型線維?ではミトコンドリア密度や活性が低く,細胞質での無酸素的な解糖?が中心で,短距離走のような瞬発的な収縮を要する運動に向いている.

骨格筋の端はとなっており骨膜に繋がる。

グルコーストランスポーター4?GLUT4?)によって血液中のグルコースが骨格筋の細胞に取り込まれる。

文献一覧
*1 月刊糖尿病 骨格筋からみた糖尿病の病態と治療: http://nutrition.life.kpu.ac.jp/wp-content/uploads/2012/12/%E6%9C%88%E5%88%8A%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85-2015.pdf
*2 PHP研究所 順天堂大学医学部教授 坂井建雄 監修 骨のひみつ 人体のしくみがよくわかる! 2015/9/7
*3 タイプ移行した筋線維の特性: http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/2913/1/kengei593541.pdf
*4 三重大学大学院医学系研究科 医学部 筋電図 Electromyography(EMG): http://www.medic.mie-u.ac.jp/meduc/text/physiol2003-6.pdf
*5 技術評論社 石浦章一 タンパク質はすごい! 心と体の健康を作るタンパク質の秘密(2014/1/5)


骨格筋に関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2017-09-27 (水) 13:12:02