骨格筋

骨格筋は筋繊維が平行に配列・集合した組織。意志で動かすことができる。

その筋繊維白筋?赤筋?に分けられる。*1

筋の色はミオグロビン?によるもの。*2

骨格筋は,直径 50~100 μm の横紋筋線維が多数集まってできている。筋線維筋細胞?)は直径 1~2 μm の筋原線維の集合体である(筋線維の長さは部位によって異なる。)。筋原線維は 2 種類の筋フィラメントからなる。太いフィラメントはミオシンそして細いフィラメントはアクチンというタンパク質で構成されている。細いフィラメントにはアクチンに加え,トロポニントロポミオシンと呼ばれるタンパク質が付着している(Gomes et al., 2002)。*3

文献一覧
*1 三重大学大学院医学系研究科 医学部 筋電図 Electromyography(EMG): http://www.medic.mie-u.ac.jp/meduc/text/physiol2003-6.pdf
*2 タイプ移行した筋線維の特性: http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/2913/1/kengei593541.pdf
*3 興奮性細胞における細胞内カルシウムイオン濃度の調節: https://shudo-u.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common_download&item_id=2154&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1&page_id=13&block_id=28

スポンサーリンク

このページの最終更新日時: 2017-02-15 (水) 13:02:56