食道静脈瘤(esophageal varix)

食道に発生する静脈瘤肝硬変などによって門脈が塞がることで血流の異常が起こり、肝臓を通りにくくなった血液が迂回しようとした結果できる。*1

吐血?下血?などの原因となる。

流れにくくなった門脈血は、体のあちらこちらにできた短絡路(シャント)を通って肝臓を通らずに上大静脈?下大静脈?に流れ込みます。食道粘膜下にできたシャントがミミズ腫れのように大きくなったものが食道静脈瘤で、これはしばしば破裂して出血します。いきなり血を吐いたり(吐血?)、に溜まった血液便とともに排泄されて黒色便が出たり(下血?)して、貧血ショックの原因となります。*2

文献一覧
*1 肝・硬・変! 診断と治療(栄養、腹水対策を中心に)大阪市立大学 肝胆膵病態内科学 元山宏行 2014.06.20 肝臓病教室: http://www.med.osaka-cu.ac.jp/liver/m-db/pdf/20140620-01.pdf
*2 患者さんと家族のための肝硬変ガイドブック: https://www.jsge.or.jp/files/uploads/04_kankouhen.pdf


食道静脈瘤に関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2017-09-23 (土) 15:09:40