筋原線維

筋線維を成す線維。アクチン分子の二重螺旋構造にトロポミオシントロポニンが付着した細い線維と、ミオシン分子の鎖で形成され、そこから球状の突起が螺旋状に突起する太い線維の2つから成る。*1

筋原線維は 2 種類の筋フィラメントからなる。太いフィラメントはミオシンそして細いフィラメントはアクチンというタンパク質で構成されている。細いフィラメントにはアクチンに加え,トロポニントロポミオシンと呼ばれるタンパク質が付着している(Gomes et al., 2002)。*2



筋原線維に関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2017-05-10 (水) 11:36:31