樹状細胞(dendritic cell : DC)

抗原提示細胞のひとつ。自然免疫に関わる。単球から分化してできる白血球で、T細胞分化や活性化・不活性化の制御などを行う。

1973年にアメリカのラルフ・マーヴィン・スタインマン(Ralph Marvin Steinman)によって発見され、組織に結合したときに木の枝状の突起を伸ばすことからその名が付けられた。*1

樹状細胞抗原病原体など)を捉えると、それを食作用により取り込み細胞内で分解して、その抗原タンパク質の断片(ペプチド)を細胞表面に出す。その後、リンパ節などの組織に移動し、その抗原を認識できるT細胞との合流を図る。認識できるT細胞に合流できたら、抗原T細胞に提示してT細胞を活性化する。*2*3

HLAクラスⅡ分子を恒常的に発現している。*4

また、自己抗原では活性化しないようになっているため、自分の体を攻撃するT細胞は通常作られない。

がん細胞抗原を提示するのはマクロファージではなく主に樹状細胞による働きであることが確認されている。*5

転写因子であるGATA2?が、造血幹細胞から樹状細胞への分化に関わっており、GATA2?遺伝子の異常は骨髄異形成症候群?急性白血病などの免疫不全症?の原因となるとされる。*6

異物である抗原細胞内に取り込んで加工し,MHCクラスⅡ分子MHCクラスⅠ分子上に抗原ペプチドを載せ,ヘルパーT細胞キラーT細胞に提示することで免疫応答を開始させる,組織にくまなく分布する重要な細胞.この細胞表面上に制御性MHCクラスⅠ?受容体であるPIR-B?が発現する.*7

樹状細胞の種類*8*9

樹状細胞は存在する組織の場所によって以下のように分類される。

文献一覧
*1 東邦出版 星野泰三 吉田朋子 共著 がんのプレシジョン免疫学(2017/8/21)
*2 技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25
*3 NHK高校講座 | 生物基礎 | 第28回 適応免疫 (2): https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/seibutsukiso/archive/resume028.html
*4 「樹状細胞:免疫の監視細胞」稲葉カヨ「樹状細胞とは一口に言うと、どのような細胞?」: http://www.jsi-men-eki.org/general/qa_pdf/inada.pdf
*5 東邦出版 星野泰三 吉田朋子 共著 がんのプレシジョン免疫学(2017/8/21)
*6 免疫細胞である樹状細胞の分化メカニズムの解明 転写因子 GATA2 は樹状細胞の分化を制御する: https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20160615_04web.pdf
*7 東北大学加齢医学研究所 遺伝子導入研究分野 キラーT細胞のはたらきを調節する受容体分子を発見: https://www.tohoku.ac.jp/japanese/press_release/pdf2008/20080909.pdf
*8 東邦出版 星野泰三 吉田朋子 共著 がんのプレシジョン免疫学(2017/8/21)
*9 「樹状細胞:免疫の監視細胞」稲葉カヨ「樹状細胞とは一口に言うと、どのような細胞?」: http://www.jsi-men-eki.org/general/qa_pdf/inada.pdf


樹状細胞に関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2017-09-26 (火) 13:08:36