急性上気道炎

いわゆる風邪(かぜ)の正式名称。かぜ症候群感冒とも呼ばれる。

主にウイルスが原因であり、症状は原因となるウイルスの種類によって異なる。*1

以下の疾患が含まれる。

急性上気道炎の症状

以下のような症状が出る。*2

急性上気道炎の予防

「15秒のうがい×2」を1日3回以上行うことで、ただの水のうがいでも、かぜの発症を40%程度抑える効果がある。

冬場に、全国で18~65歳の合計約380名のボランティアを、「水でうがい」、「ヨウ素系うがい薬でうがい」、「何もしない」の3群に分けた2カ月間の追跡調査した

うがいは15秒を2度行い、1日3回以上実施

その結果、「水うがい群」は対照の「何もしない群」に比べてかぜの発症が40%減り、 うがいのかぜ予防効果が実証された

「ヨウ素系うがい薬群」では、対照群と差がなく、はっきりした予防効果がみられず、原因として、正常細菌のバランスが薬によって壊されたためではないかと推測される

文献: 里村一成, 川村 孝, うがいによる風邪の予防効果. Medical Practice, 23(8):1460-1461, 2006.*3

文献一覧
*1 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ウイルス治療学 清水則夫 インフルエンザってそんなに怖いの?: http://www.tmd.ac.jp/mri/koushimi/shimin/shiryou012.pdf
*2 鹿児島県医師会ホームページ 急性上気道炎: http://www.kagoshima.med.or.jp/people/topic/H17/203.htm
*3 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ウイルス治療学 清水則夫 インフルエンザってそんなに怖いの?: http://www.tmd.ac.jp/mri/koushimi/shimin/shiryou012.pdf


急性上気道炎に関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2017-02-18 (土) 15:37:58