大動脈瘤(aortic aneurysm)

大動脈の一部が膨らんで瘤(こぶ)ができる病気。自覚症状はほとんどないため気付きにくい。

こぶが破裂すると体内で大量出血するため激痛が起き、8割り近くがそのまま命を落とすと言われる。

大動脈瘤の原因*1

動脈の老化、高血圧などの生活習慣病

女性ホルモンには動脈硬化を予防する効果があるため、女性より男性の方が発生しやすい。また喫煙の習慣がある場合はさらに発生しやすくなる。

大動脈瘤の発生個所

胸部大動脈瘤

大動脈弓?という血管が曲がる部分に出来やすい。

X線検査?CTによって発見される。

腹部大動脈瘤

最も多い大動脈瘤。

超音波検査CTで発見される場合が多い。

大動脈瘤の種類

紡錘状大動脈瘤

大動脈が太くなるタイプ。大きさが50mm未満であれば薬物療法などで経過をみる。

嚢状動脈瘤

血管の一部分が膨らむタイプ。破れやすいので、大きさが50mm未満であっても手術する場合がある。

大動脈瘤の薬物療法

薬によって動脈瘤?自体がなくなるわけではないので、血圧が上がる動作には注意が必要。

血圧を下げる薬

コレステロール値を下げる薬

大動脈瘤の手術

文献一覧
*1 NHK きょうの健康


大動脈瘤に関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2017-09-23 (土) 15:18:46