多価不飽和脂肪酸(polyunsaturated fatty acid : PUFA)

分子構造に複数の二重結合を含む脂肪酸。PUFAとも表記される。

多価不飽和脂肪酸のうち、リノール酸α-リノレン酸は体内で合成できないため必須脂肪酸である。

多価不飽和脂肪酸の種類

リン脂質と結合した状態のDHAEPAは吸収率が高いことが報告されている。これは帆立貝などに含まれることが知られているが、人体はこれを直接取り出すことができないので、抽出物(サプリメントなど)によって摂取する必要がある。

同じDHAEPAでも、精製された遊離のDHAEPAよりも、プラズマローゲンなどのリン脂質と結合したDHAEPAのほうがへの取り込みがよく、作用の発現が速いことを多くの報告が示しています。...

だからといって、ホタテ貝をたくさん食べたらプラズマローゲンを摂取できるかというと、そうはいきません。ホタテ貝そのものから、プラズマローゲンを抽出する機構は人体の中にはないからです。*1

文献一覧
*1 ブックマン社 藤野武彦 馬渡志郎 片渕俊彦 認知症はもう不治の病ではない! 脳内プラズマローゲンが神経細胞を申請する(2015/10/10)


多価不飽和脂肪酸に関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2017-08-29 (火) 08:46:28