クレアチン

筋肉の中にはクレアチンリン酸と呼ばれる窒素化合物が含まれており、これが酵素の働きによって分解されてできる物質。

クレアチンリン酸がクレアチンに分解されるときに発生するエネルギーを使って筋肉を動かす。

クレアチンはその後、クレアチニンという物質に変化する。


クレアチンに関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2016-11-17 (木) 07:26:09