アデニル酸シクラーゼ(adenylate cyclase)

ATPからのcAMPを生成する反応を触媒する、細胞膜に結合している酵素*1

Gタンパク質によって活性化される。*2

膜結合酵素で、細胞膜の内側に2つの類似した触媒ドメインと膜に埋め込まれた2つのドメインを有している。膜に埋め込まれたドメインには6個のαヘリックスを含む*3

文献一覧
*1 福岡大学 理学部 機能生物科学研究室 ホルモン: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/hormone.htm
*2 東京医科歯科大学 教養部 生物学分野 ホルモンと受容体 細胞間のチャット: http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textlife/receptor.htm
*3 岡山大学農学部 第4回 細胞が反応するしくみ 細胞内のシグナル伝達 (=情報のやり取り): http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~hirofun/2011cb04.pdf


アデニル酸シクラーゼに関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2017-09-23 (土) 17:05:36