アクネ桿菌(Propionibacterium acnes)

皮膚常在菌のひとつ。アクネ菌とも呼ばれる。酸素ある環境では増殖できない嫌気性グラム陽性菌プロピオニバクテリウム?属。

毛穴皮脂腺に存在し、皮脂を餌にプロピオン酸脂肪酸を作り出すことで皮膚表面を弱酸性に保ち、皮膚に付着する病原の増殖を抑える。

しかし、皮脂分泌量が増えたり、何かの異常で毛穴をふさいだりすると、アクネ桿菌が過剰に増殖して炎症を引き起こし、にきびになる。*1

性のアクネ菌は、詰まった毛穴の中で皮脂を栄養として過剰に増殖し、脂肪分解酵素?リパーゼ好中球走化因子?などを産生する。細菌リパーゼ皮脂を分解して産生した遊離脂肪酸FFA)が、さらに過酸化脂質へと酸化され炎症が誘発されると毛包壁?が刺激され丘疹?が出現する。また、好中球走化因子?により集積した好中球から活性酸素種が放出されると炎症が惹起される。*2

マクロファージToll様受容体TLR2)に直接作用して炎症性サイトカインを産生させることが報告されている。

文献一覧
*1 皮膚の常在細菌について | 東京医療保健大学: http://www.thcu.ac.jp/research/column/detail.html?id=110
*2 福岡大学機関リポジトリ 十味敗毒湯の尋常性痤瘡改善作用とその作用機序に関する研究: https://fukuoka-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=4168&item_no=1&page_id=13&block_id=39


アクネ桿菌に関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2017-09-02 (土) 10:36:43