α-トコフェロール

ビタミンEとして知られる脂溶性抗酸化作用を持つ物質。*1

ビタミンEの中でも強い抗酸化作用を持ち、体内でフリーラジカルを除去する。

合成で製造されたものよりも、食品由来のα-トコフェロールの方が効力が高いとされる。

天然(食物由来)のビタミンEは「d-α-トコフェロール?」と食品やサプリメントの製品ラベルに記載されます。合成の(人工の)ビタミンEは「dl-α-トコフェロール?」と記載されます。天然のビタミンEのほうが合成のそれに比べて効力が高く、天然型ビタミンEの100 IUは、合成型ビタミンEの150 IUに相当します。*2

文献一覧
*1 食品素材化学の研究内容: http://www1.gifu-u.ac.jp/~shokko/foodchem.html
*2 ビタミンE | 海外の情報 | 一般の方へ | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業: http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/11.html


α-トコフェロールに関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2017-03-09 (木) 09:05:26